Suica(スイカ)カードも携帯モバイルSuicaもチャージfはクレジットカードで
カード型Suicaも、携帯・スマホのモバイルSuicaも

Suicaチャージでお得なクレジットカード・トップページへ   お問い合せと相互リンクのご依頼

 

Suicaチャージクレジットカード
 「ビュー・スイカ」カード
 ANA VISA Suicaカード
 JALカードSuica
 イオンSuicaカード
 ライフカード
 NTTグループカード
 楽天カード
 漢方スタイルクラブカード
お薦めPASMOクレジットカード
 ソラチカカード(ANA To Me PASMO JCB)
 小田急ポイントカード(OPクレジット)
Suicaの利用案内
 Suica(スイカ)の種類は?
 Suica(スイカ)の購入方法は?
 Suica(スイカ)の利用方法は?
 Suicaのポイントとポイント交換
 Suica(スイカ)電子マネーで買い物
 Suicaチャージとオートチャージ
 携帯電話でのモバイルSuica
 スマートフォンでのモバイルSuica
 相互利用のPASMOとJR各社
お問い合せと相互リンク
 相互リンク依頼と問い合わせ
 お役立ち相互リンク集(1)
 お役立ち相互リンク集(2)

運営姉妹サイト
 
 
当サイト「Suica(オート)チャージでお得なクレジットカード」は、JR東日本のIC乗車券・電子マネー「Suica」の基本的な利用方法などについてや、「Suica」にオートチャージ及びチャージすることでポイントが得られるお得なクレジットカードをご紹介しています。

【View Suica 機能搭載のクレジットカード】
view suicaのマーク画像 「Suica」へのオートチャージに対応しているクレジットカードは、
【View Suica】機能が搭載されているクレジットカードに限られています。クレジットカードの券面に『view』マークと『Suica』マークが印字されているカードです。
当サイトで言えば「JR東日本ビューSuicaカード」「ANA VISA Suicaカード」「JALカードSuica」「イオンSuicaカード」です。これらのカードは全て、
貯まったポイントをSuicaへチャージして使えるという利点もあります。

【モバイルSuicaチャージでポイント獲得】
モバイルSuicaのマーク画像 「モバイルSuica」に限ってですと、ほぼ全てのクレジットカードでチャージできます。
しかしながら、多くのクレジットカードは、「モバイルSuica」へのチャージ分はポイント付与対象外となっています。
「モバイルSuica」へのチャージ分もポイント付与対象としているクレジットカードはごく少なく、当サイトご紹介している「ライフカード」「NTTグループカード」「楽天カード」「漢方スタイルクラブカード」は、その数少ないクレジットカードとなっています。


view suica機能搭載のクレジットカード カード型Suica、モバイルSuicaのどちらにも、オートチャージ及びチャージができるクレジットカードです。Suicaへのチャージ分にももちろんポイントが付与されます。また、貯まったポイントをSuicaへチャージして使うこともできるクレジットカードです。

「ビュー・スイカ」カード(View Suica)
JR東日本ビューSuicaカードの券面Suicaへのチャージ分やJR東日本関連での支払い分に関しては、1.5%という高い還元率でポイントが付与されます。つまり1000円で6ポイント(15円相当)のポイントが付与される大変お得なカードとなっています。JR東日本でカード決済を利用する人にお薦めです。海外旅行傷害保険500万円も自動付帯されています。

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカードの券面ショッピング等では「ワールドプレゼントポイント」が貯まり、ANAのチケット購入等では「ANAマイル」が貯まるカード。SuicaへのチャージでANAマイルを貯めたい方、あるいは貯まったポイントやANAマイルをSuicaへチャージして使いたい方へお薦めのクレジットカードです。また、関西の私鉄・地下鉄のIC乗車券「PiTaPa」へのチャージ分もポイント付与対象となっている数少ないカードでもあります。 海外旅行傷害保険1000万円も自動付帯されています。

JALカードSuica

JALカードSuicaの券面ショッピング等やJALのチケット購入などでは「JALマイル」が貯まり、Suicaへのチャージ分やJR東日本関連での支払い分に関しては、「ビューサンクスポイント」が1.5%という高い還元率でポイントが付与されます。つまり1000円で6ポイント(15円相当)のポイントが付与される大変お得なカードとなっています。貯まった「JALマイル」「ビューサンクスポイント」共にをSuicaへチャージして使えます。海外旅行傷害保険1000万円も自動付帯されています。


イオンSuicaカード

イオンSuicaカードの券面Suicaへのチャージやショッピング等で「ときめきポイント」が貯まり、そのポイントをSuicaへチャージして使えます。ですから、イオングループ店での買い物をする機会が多く、Suicaチャージで「ときめきポイント」を貯めたい方、「ときめきポイント」をSuicaへチャージして使い方にお薦めです。イオングループ店の「お客様わくわくデー」ポイント2倍サービスなどや、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」5%割引も適用されます。



モバイルSuicaチャージでポイント獲得クレジットカード モバイルSuicaへのチャージ分もポイント付与対象となるカードです。
但し、モバイルSuicaへのチャージのみ可能で、モバイルSuicaへのオートチャージはできません。

ライフカード

ライフカードの券面ライフカードの魅力は何と言ってもポイントが貯まりやすいという点です。カード新規入会後1年間はポイント1.5倍、誕生月はポイント5倍、年間のカード利用総額が50万円以上になった時点で300ポイントをプレゼントと、ポイントが貯まりやすくなっています。また、おサイフケータイ「iD」の利用「Edy」へのチャージも可能で、どちらもポイント付与対象となっています。ポイントをANAマイルへ交換できることから、ANAマイラーのセカンドカードとして人気です。


NTTグループカード

NTTグループカードカードの券面NTTグループカードの魅力は、カード利用額に応じて、東西NTTやNTTドコモ携帯料金など、NTTグループ各社の利用料金を割安にできるということです。ですから、SuicaチャージなどでNTTグループ利用料金を節約したい方にお薦めです。また、出光石油ガソリンスタンドでの給油値引きがあると言う点も魅力です。「Edy」へのチャージ、JR西日本「スマートICOCA」へのチャージも可能で、どちらのチャージ分もポイント付与対象となっています。


楽天カード

楽天カードカードの券面ポイント還元率が高いクレジットカードとして定番となっている楽天カード。モバイルSuicaへのチャージ分100円毎に1ポイント(1%還元)となっています。JR西日本「スマートICOCA」へのチャージも可能で、こちらも1%還元でポイント付与。また、JCBカードブランドの楽天カードでしたら、「nanaco(ナナコ」へのチャージも可能となっており、こちらも1%還元でポイント付与となっています。


漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードの券面雑誌『日経トレンディ』はじめ雑誌や新聞などでポイント還元率が高いクレジットカードとし取り上げられる機会が多いカードです。基本ポイント還元率はなんど1.75%。モバイルSuicaへのチャージ分2000円毎に7ポイント(1.75%還元)となっています。JR西日本「スマートICOCA」「nanaco(ナナコ」へのチャージも可能で、こちらも1.75%還元でポイント付与。ポイントはANAマイルへの交換も可能で、マイル移行手数料が無料ということもありANAマイラーのセカンドカードとしても人気。


▲ このページのトップへ

【Suica関連ニュース&トビックス】
・Suicaの乗降データなどの利用履歴データを販売することが問題となり、現在、一時的に販売は停止しています。このことに関して、有識者会議が開かれたようです。利用者としては、本当に個人情報の部分が守られるのかということですよね。だから、不安になって販売してほしくないと思ってしまうんですよね。(2013年9月8日)
・3月23日から全国の交通系ICカードが相互利用となりましたが、これにともなって、各ICカード電子マネー対応の自販機やコンビニでの利用も相互利用となりました。但し、PiTaPaだけは例外となっています。(2013年3月25日)







Copyright(c) 2011 Suica(オート)チャージでお得なクレジットカード All Rights Reserved.